3D Modeling

【CG最新情報局】MAYAに遂にインディーズライセンスが登場!CG業界の民主化に大きな一歩【MAYA】




MAYA最新情報!CG業界の常識が変わる!?

Auodesk社が「MAYA」インディーズライセンスをリリース!

CGソフトの王道が、遂に民主化した!


Autodesk社のMAYA



MAYAにインディーズライセンス登場

統合型CG制作ソフトの王道、MAYA。

ゲーム業界、CG業界でも圧倒的シェアを誇る業界最大手のソフトです。

そんなMAYAですが、

1年間のサブスクリプションで、272,800円からと手を出しづらい価格でした。

学生向けの無料版、1ヶ月の無料体験版はあるものの、社会人からCG業界に転職を考えている方には高価なソフトであったり、そもそも1ヶ月で何をマスターできるのかという問題に直面します。


MAYAになかなか手を出しづらかったという方も多いと思います。

(かく言う私もその一人ですが)


そんなMayaになんと嬉しいインディーズプランが登場です。

インディーズプランとは、年収が1000万円以下の使用者は、通常価格よりも安くソフトを契約できるというプラン内容です。

昨今では、VFXに強い「Houdini」や、課金形態は違いますがゲームエンジンのUnity、Unreal Engine、3DペインティングソフトのSubstanceなど多くのソフトが採用している契約形態でもあります。








MAYA インディーズプランの情報はこちらから:https://area.autodesk.jp/product/maya-3ds-max-indie/


Autodesk社ホームページより


年間サブスクリプションが4万円から!

かなりお安く利用できるのがわかります。


ここ数年、Blenderなどの無料もしくは低価格帯のソフトウェアの台頭、CGソフトも以前ですとMayaや3DS MAX(共にAutodesk社)が主流でしたが、Blender、C34D、Houdini、Zbrushなど、競合他社のシェア獲得により、CGソフト界でも価格競争が進んでいると言えるでしょう。



クリエイターとしては嬉しい限りですね。

皆さんもこの機会にMAYAデビューされてみてはいかがでしょうか。






​その他の記事を合わせ読み

動画で学習